データと印刷をつなぐ
新しいプラットフォーム開発の
コアメンバーを募集しています。

フライデーナイトが開発を進めている「Codenberg(コーデンベルク)」は、
おそらく世界で初めてとなるプラットフォームです。
企業や個人が持つデータやシステムと、製造ラインを接続し、
これまでにない印刷のプロセスを実現する。
すべての人に自分専用の印刷拠点を持ったと感じさせ、
私たちの生活における新しい印刷の可能性を提案します。
このサービスのローンチに向けて、一緒に働いていただける仲間を募集します。
新しい領域にチャレンジしたい方、チームビルディングから参画したい方などなど、
あなたの挑戦を心からお待ちしています。

現在募集中の職種 あなたの応募をお待ちしています

フルスタックエンジニア
世界初の印刷プラットフォームのコアメンバー 詳しく見る
バックエンドエンジニア
巨大な印刷機をプログラミングで動かす。バックエンドエンジニア募集! 詳しく見る
フロントエンドエンジニア
自社サービスのUI/UXをお任せするフロントエンドエンジニア募集! 詳しく見る
コンサルタント
世の中に新しい価値を生み出し、広げていくコンサルタント募集! 詳しく見る

Interviews

代表取締役CEO 長沼耕平

代表取締役CEO 長沼耕平

世界を変えるかもしれない
可能性に向かって。

取締役COO 中村直彦

取締役COO 中村直彦

今が、一番楽しい時間です。

取締役CTO 木村俊範

取締役CTO 木村俊範

他ではまず経験できない
IoT技術に取り組めます。

エンジニア 西山祐右

エンジニア 西山祐右

危機感と信頼できる先輩が
僕の志望動機でした。

ディレクター 及川祥子

ディレクター 及川祥子

自分のやりたいことに
まっすぐな人、募集中です。

Coming Soon

Dialogues

経営者 × エンジニア対談

新しい印刷を
つくろう。
僕らがIoTで変えたい
世界と会社の話。

CEO 長沼と、リードエンジニアの木村。
会社の経営と、エンジニアを牽引する二人が並んで、
事業のこれまでとこれからについて語り合いました。
新事業の印刷プラットフォームの話。
技術の話。会社が進む道の話。
思うがままの二人のトークセッションから、
フライデーナイトの生の姿が垣間見えてきます。

東京オフィスのラウンジにて
進行&書き手:加藤信吾(フライデーナイト)

こんな風に向かい合って話をするのはなんだか緊張しますね。

普段、立ち話だったり、ビール片手だったりするもんね。

さて、今日お二人に時間をもらったのは、経営トップとエンジニアのトップの視点からフライデーナイトを語ってもらおうという企画です。新規事業の話をはじめ、ざっくばらんに話をしてもらえたらと思います。

わかりました。

よろしくお願いします。

それでは、まず、フライデーナイトの新規事業であるCodenberg(コーデンベルク)の話からはじめようかと。そもそも、どうしてこの事業を始めることになったのでしょうか?

発端は、資本提携をしている佐賀の印刷会社であるサガシキさんからの相談でした。印刷事業を改善していきたい、という話で、営業力や提案力が課題としてあがっていたんです。

※ 佐賀県の印刷会社。パッケージ印刷では国内有数の実績を誇る。2015年にフライデーナイトと資本業務提携を交わした。